スカートの裾の始末の仕方を教えて下さい(縫い目が分からないようにしたい)

スカートの裾の始末の仕方を教えて下さい(縫い目が分からないようにしたい)


 デニムやギャバ、カツラギなどの厚めの生地の場合は直線縫いでもOKなのですが、薄い生地などの場合や、フレアースカートの場合は気になったりしますよね。
この場合趣味で縫う場合は手縫いでまつっていくのが普通です。

 ジグザグで縫い代を始末をした後、アイロンで縫い代を折り返しますと思います。

 その前にフレアスカートなどのようにウエストから裾にかけて広がっているデザインのものだと縫い代の方が出来上がりの長さが長いため綺麗に折り返すことが出来ません。

 そこで、裾から5mmのところにギャザーを寄せます

そしてアイロンでギャザーのヒダが出来ないよう縫い代を折りあげます。

 こうすると比較的綺麗に裾が上げられます

あとは裏から、まつり縫いで5ミリ間隔で、表に一目(布の繊維を1、2本だけすくうぐらい)だけ出るようにして縫うと綺麗になります。
 市販のスカートはすくい用の特殊ミシン(工業用)を使用しています

  • 最終更新:2012-05-25 16:33:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード