ズボンの裾(すそ)のすぼめ方

ズボンの裾(すそ)のすぼめ方
裾にカフスのついたような絞ったズボンを作りたい


zubonsuso.gif
どの程度の絞りかによって違ってきますが、足首にぴったりになるような場合、あきを作らないとかかとが引っかかって着れなくなります。

あきがない場合は、裾にゴムを入れてください。

あき作りははズボンを筒状にするまえにやると楽です。
脇縫いが無いタイプとして描いてます。
(簡単ソーイングのゴムパンツの丈が長くなったものを想像して下さい)

 大体裾の脇の部分にまず5cm(横)×8cm(縦)の図の右上のような形の見返しを中表に置きます。

 中央に縦に5cm切込みを入れるので、切込みを入れる前に中央より1~2mm外側をnの字に縫っておきます。

 縫ったら切込みを入れて見返しを裏に返します。

 表から見返しが戻ってこないよう、ステッチをかけます。

 次にズボンの股下を縫って筒状にしたあと、ギャザーを寄せます

カフスはベルトの付け方と一緒です。

ちなみに持ち出し1.5cm忘れずに。
カフスには縫い代1cm要ります。

  • 最終更新:2012-05-18 16:36:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード