ドレス等についたオーバースカートの構造

画像の写真のお洋服を作りたいのですが、オーバースカートの構造がどうしてもわかりません。
仮縫いの過程は以下です。
スカートのデザインは、前と後ろ同じです。

・濃いピンク色を土台スカートとし、身頃のウエスト部分に合わせたサーキュラーを作る。
・薄めピンク色を土台オーバースカートとし、半円で裁断してギャザーを寄せて、濃いピンクのスカートに縫い付ける。
・二枚一緒に身頃に縫い合わせる。
間違っていたらご指摘お願い致します。

行き詰っている部分は、オーバースカートの中心から裾に沿って、別布が縫いこまれているようなのですが、コレがどうもうまくいかないことなのです…。
長方形の布を2、3回たたみ、裾に合わせて、縫わずに沿わして数箇所止めているだけか?と思い、仮縫いしてみたのですが、そうすると土台オーバースカートとの隙間ができます。
自宅で撮ったビデオで確認したところ、走りまわったりジャンプしたりしても、オーバースカートと別布は綺麗にくっついていました。
また、型崩れもありませんでした。

シーチングではこのドレープ感が再現できないので、本番生地として使用する予定のアムンゼンで、現在仮縫い中です。

質問日:2010/09/24


形がわからないときは実寸で作るより写真のようにミニチュアを作ってみると良いですよ。
ミニチュアだと時間もかかりませんし、生地も無駄になりませんしね。

508816_1285390209.jpg

写真を展開したのはこんな感じ。
全体を固定しなくても前後のすそを折り返している部分と脇の部分の裏側と、下のスカートを縫って固定するだけで浮かび上がらなくなると思いますよ。

もしくは、オーバースカートのプリーツは別パーツとして考えて、
オーバースカートに直接下のスカートを縫いこんでいるのかもしれませんね。
飾りとしてプリーツ部分を上に載せて固定と考えてみてはいかがでしょう>

508816_1285390620.jpg

ミニチュアと製図まで載せて頂き、ありがとうございます!!
写真で製図まで作れるなんて、さすがうさこさんです><

>オーバースカートのプリーツは別パーツ

私もそう考えておりました。
仮縫いでは別パーツとして作って、オーバースカートに数箇所待ち針で止めたのですが(写真のラベンダー色の小花のように)
止める場所が悪かったのか、生地の丈や折り方が悪かったのか、オーバースカートに綺麗に沿わず、所々浮いてしまってました。
その「浮いた部分」を解消しようと、今度は別パーツをオーバースカートの弧に沿ってから縫って、その後プリーツ状に畳んでみました。
すると、ドレープ感がなくなり、若干つったようになりました。

作って頂いた製図では、オーバースカートは半円ではなく台形?のように思うのですが、やはり別パーツは、半円の弧に沿わすよりも、台形に沿わしたほうがやりやすいでしょうか?
オーバースカートは、裾レースのラインを見て、半円と判断しました。
又ゴスロリ雑誌にて、オーバースカートの型紙が半円だったことも、判断要素です。
ペプラムっぽくもない、なんだか特殊なスカートに見えてしまい、仮縫いすればするほど完成形から遠のいています^^;
オーバースカートの、身頃に縫い合わせる部分ですが、こちらはギャザーでしょうか?それともタックのほうが良いでしょうか?

まず全円のスカートの型紙を作る。
そこからオーバースカートのパーツを切り抜く
オーバースカートのすそが一列になるように切り開く。
下に紙を敷いて、切り開いたら、切り開いた線同士をあわせるように折り目を入れる。
ここがダーツになる。
すそ線と同じ長さになるようにプリーツを作る。
オーバースカートのすそと、プリーツと、オーバースカートを切り離した元のスカートの、切り名は下部分に縫い代を付ける。

プリーツをオーバースカートと下の土台のスカートとの間にはさみこむ
スカートとワンピースの上半身と縫い合わせるときに、プリーツ部分を脇側へ倒す。

つまり重ねのスカートにするのではなく縫い合わせて1枚のスカートにするとか。

しっかり合印(位置あわせの印)を付けていたら綺麗にカーブも縫えると思います。

508816_1285434823.jpg

>重ねのスカートにするのではなく縫い合わせて1枚のスカートにするとか。

そういうやり方もあったのですね!
1枚にするなんて、考えてもみませんでした。
今ミニチュアで書いて頂いた型紙を真似しながら作っているのですが…
切り抜くオーバースカートの部分が綺麗に書けません…。
何か補助線や法則などあれば、ご教授宜しくお願い致します。

また、画像にあるのもオーバースカートなのですが…
このようにトグロ?を巻いたようなドレープも、教えていただいた方法で再現できますでしょうか?


>切り抜くオーバースカートの部分が綺麗に書けません…。
こればっかりは納得いくまで切ったり貼ったりするしかないですね

作ってないのでわかりませんが、ミニチュアをひたすら試作してみると答えが出ると思いますよ。
こういうやわらかいドレープは、私はよくティッシュで試作してますww

>こればっかりは納得いくまで切ったり貼ったりするしかないですね
そうですか…コンパスの容量で作っても、やはりうまくいかないので、フリーハンドで地道に引いていくしかないのですね。
カーブルーラーを持っているのですが、形があてはまらず…まったくもって使えませんwww
頑張って何度もチャレンジしてみます!

まさかのティッシュwww
折り目がつかなくて大変そうですが、ちょっとやってみます!
ありがとうございます!

すると、二枚の間にだぼつきがでました。
そんな大きなだぼつきではなく、低温でアムンゼン面からアイロンをかけたときに、あれ?と気付いた程度です。
やはり、多少のダボつきは仕方ないのでしょうか?

シフォンジョーゼット面が表になるので、表に響かなければ問題ないと思うのですが、洗濯したときにどうなるのか?と気になっています。
多少の袋状態なら大丈夫なのか、着れなくなるほど型崩れを起こすのか。
もしご存知でしたら、教えて頂けると幸いです。|

2枚重ねにするとき、大きさが違えば当然その差の分が袋になりますよ。

コートとか裏地を付ける場合、裏地が小さいと表が引きつってしまうので、あえて裏地は少し大きめに作ってだぶつかせることで裏地に余裕を持たせます。

何故2枚重ねにしたのでしょうか?
写真を見ると一重に見えますが。

やはり袋になってしまうのですね。

>何故2枚重ねにしたのでしょうか?写真を見ると一重に見えますが。

作りたい色が3枚目画像の紫なのですが、アムンゼンで探したところ似たような色が見つかりませんでした。
問屋街を探し回って、ようやく同じような「ピンクがかった紫」を見つけたのですが、シフォンジョーゼットでした。

本当なら一枚ですませたかったのです。
しかしアムンゼンでは、かろうじて見つけたのがイワキさんの「むらさき」「あおむらさき」「グレープ」だったのですが…
やはり「むらさき」でも濃すぎてしまい、レース部分の色にはピッタリなのですが、上身頃やオーバースカートの色はシフォンジョーゼットが同じ色でした。

レースを濃い色にすればよかったのですが、これも見つからず、イワキさんで購入した「むらさき」と同じ色のレース地しか見つかりませんでした。
アムンゼン+シフォンジョーゼットの二枚重ねは、無謀でしょうか…。

サテンとかだと駄目だったのでしょうか?

特にポリエステルのサテンならしわにもなりにくいし、2枚重ねする必要もないと思うのですが。
価格も安いですし。

URLまで貼り付けて頂き、ありがとうございます。

>サテンとかだと駄目だったのでしょうか?

光沢なしで作りたかったので、サテンは考えておりませんでした。
お店で「この色探してます」と言って出してもらったのが、シフォンジョーゼットとコチーボでした。
その時、レース地のスカート下にある、裾のプリーツのような部分を作るためにシフォンジョーゼットだけを購入したんです。
コチーボは値段的にもちょっと厳しかったもので^^;

その後、紫と青紫のアムンゼンを購入し、やっぱりお店で買ったシフォンジョーゼットの色がピッタリだなーと、何気なく紫のアムンゼンの上に置きながら色比べをしていた時に
「二枚重ねにすればいける!?」と思い出したんです。

本来なら、シフォンジョーゼットだけで済んだのかもしれないのですが…
透け透けだから裏地、もしくはシフォンジョーゼット自体を二重にする、という工程が必要な気がしてしまい、せっかく買ったアムンゼンが勿体無く感じたので二重にする、という経緯です。
やっぱり、変でしょうか…?


2枚重ねることでそれでさえ縫いにくいシフォンですから難易度はあがります。

それでいいのであれば、なつさんの頭の中の完成図は投稿者さんにしかないので、思い通りに作ればいいと思います。
しかし……ピンクのドレスも、紫のドレスも光沢があるように見えますが、サテンの光沢がいやなら裏を表にして使えばOkですよ。
生地がもったいないのであれば、服とそろいのハンドバッグを作るとか使い道は色々ありますよ。

サテン、裏を表に使えるんですか!?
バックサテンじゃなくても大丈夫なんですか!?
生地を買う前に、うさこさんに相談すればよかった…。
もう全パーツ裁断しちゃったんです( ̄Д ̄;)
今度は問屋街にサテンを探しにいってみます。
それでもなければ、アムンゼン+シフォンジョーゼットで縫ってみます!
ありがとうございました!!



  • 最終更新:2013-04-15 17:26:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード