ハイネックジャケットの前ファスナー部分を片方重ねた状態で作りたい

ハイネックジャケットの前ファスナー部分を片方重ねた状態で作りたい


f1.jpg
試縫いしてみました。


まず前のファスナーを付ける部分は重なり分なしにします。

前は前中心が出来上がりラインになる。

縫い代はファスナーを付け易いよう1.5cmにします

アイロンで縫い代をうしろへ折ります

f2.jpg

すそを先にあげておきます。

縫い代をうしろに折った状態で、下にファスナーを重ねる。

ムシ(レール部分)がはみ出るように重ねる。

端から5~7mmの所を表から縫う。

これだけで片方ファスナーがつきました

f3.gif
反対側も同じようにファスナーを付ける。

前に重ねる部分を作る。

縦は前中心の縫いつける位置の長さ+縫い代2cm
横は8cm位(両端に縫い代1cmづつ)。

アイロンで両端の縫い代を折る
f4.gif
半分に折る
f5.gif

真ん中の折り目から逆向きに折る。

端の縫い代を縫う。

f6.gif
表に返す。

端から2mmのところを縫って閉じる。

f7.jpg

白い持ち出しのパーツの幅の中心が、ファスナーの中心と合うように重ねて、端から2mmの所を縫う。

ちなみに区別しやすいように白で作ったけど、同じ色にしたい時は同じ生地で作ればOK。

見返しを付けて挟み込んで作る方法もあるけど、出来るだけ簡単に出来る方法にしてみました。

f8.jpg

実際こんな感じになります。

添付の写真に近いと思います。

しかもこのやり方だとファスナーの縫い付け自体は1分で終わります。

慣れてないからずれそうだな~と心配な場合は。しつけ糸等で大き無縫い目(1~2㎝位の縫い目でOK)手縫いしてからミシンをかけるといいですよ。
ちなみに縫うのはミシンで縫う場所より2~3mm離れた所を縫ってください。

ミシンで縫う所をしつけぬいすると、後で糸が外しにくくなりますから。

  • 最終更新:2012-05-29 17:48:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード